新築!バナナ園武蔵小杉 バナナ園武蔵等々力 スタッフ募集 バナナ園空室情報 バナナ園グループ採用情報 バナナ園最新情報情報 バナナ園講習会情報 バナナ園武蔵小杉

バナナ園グループは福祉のトータルニーズにお応えします。お問い合わせ 電話:044-433-4889,4651

« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月22日

●当社スタッフ<第2バナナ園:鉢金さん>が東京新聞に登場!

BANANA NEWS1月号「午後のシエスタ」に登場した当社第2バナナ園の鉢金祐太さんが2月19日付夕刊「早春まち語り」に登場しました。記事は下記からご覧になれます。
20110219東京新聞
Web版はこちら

●2月20日グループホーム「バナナ園ほりうち家」運営推進会議開催

2月20日<日>川崎市中原区のグループホーム「バナナ園ほりうち家」にて運営推進会議が開催されました。
議事録はこちらからダウンロード出来ます。
20110220第25回ほりうち会運営推進会議・地域交流会議事録
※昨年8月開催の第21回運営推進会議議事録も併せてDLできます

2011年2月 8日

●グループホーム空室情報★<2月8日>★

①グループホーム バナナ園 1 部屋<入居可能>044-588-0645
②グループホーム 川崎大師バナナ園 1 部屋<入居可能>044-280-2386
③グループホーム バナナ園ほりうち家 1部屋 <入居可能>:044-722-5361
④グループホーム バナナ園生田ヒルズ 1 部屋 <入居可能> 044-911-1599
★新築★グループホームバナナ園生田の泉 若干室<入居可能>044-789-5693

※随時見学応需
●当社グループホーム入居の際、川崎市の住民票が必要になります。川崎市内に住民票を異動していただく事が必要です。
●高齢者ケア付住宅 IDSバナナ園は川崎市以外の住民票の方でも入居できます。
★お問い合わせ:044-433-4651
●総合案内044-433-4651

2011年2月 5日

●株式会社川崎フロンターレ武田信平社長にお話を伺いました

★矢野理事長の突撃インタビュー★<BANANA NEWS 2月号より>
Jリーグの試合や数々のイヴェントを通して川崎市民の皆さんに夢や感動を与えてくれる川崎フロンターレ、今回は高津区のクラブ事務所を訪ね社長の武田信平<㈱川崎フロンターレ代表取締役社長>さんに、お話を伺いました。
矢野:新年明けましておめでとうございます。サポーターとして常日頃から川崎フロンターレを応援しています。フロンターレもいまや川崎市では誰もが知っているチームになりました。早速ですがここまで市民に愛されるためにどのような施策・運営を行われてきたのでしょう。
武田:クラブ運営には「チームの強化と地域密着活動の両輪が必要」と私達は考えます。まずチームの強化は当たり前の話です。さて「地域密着」という課題なのですが、そもそもJリーグの理念で「地域への貢献」がミッションとして掲げられているのです。チームは、ホームタウンの皆さんに応援して頂かなければチームそのものが成り立たないのです。チーム強化と同時に、地域に「貢献活動」を通じて「密着」していく、それが地域の活性化になり、愛されるチーム作りに繋がる。そういう循環があってチーム自体も始めて成り立つのです。
矢野:これまでプロ野球のチームやJリーグのチーム<ヴェルディ>がこの町から撤退していきました。
武田:川崎市はもともと市民の帰属意識が薄い上に、「公害」「歓楽街」「ギャンブル」と言ったイメーシや、プロスポーツが育たない町と言われてきました。やはり市民が「住む町を誇りに思える」ようにしなくてはなりません。アイデンティティを形成していくにはシンボルが必要で私たちにはその一翼を担いたいと思っています。同時に対外的には「川崎市のシティセールス」も重要なミッションと考えています。
矢野:さて、それでは具体的にどのような地域密着活動・施策をされてきたのでしょうか?
武田:行政とのタイアップを含め活動は多岐にわたりますが、幾つかをご紹介しましょう。まず一つはフロンターレのコーチ達による市内小学校での体育授業でしょう、ここ数年子供達の運動能力が落ちてきていることを踏まえ、子供達に外で遊ぶことの楽しさを知ってもらいたいということで10年以上継続されている事業です。年間2万人以上の児童がフロンターレのコーチによる体育授業を受けています、今では市内の殆どの小学校をカヴァーするに至りました。特にサッカーを教えるワケではありませんが、今では小学校から体育の専門教師のいる中学校にも輪が広がってきています。
もう一つ、これはすっかり有名になりましたが小学校6年生向けの教材「算数ドリル」です。社員が海外研修<英国のクラブ>で仕入れてきたアイディアです。「やってみたい!」と川崎市の校長会に持っていったところ賛同を得ました。全てオリジナル編集で問題は中原区の上丸子小学校の先生方が作成してくださいました、ドリルには選手が登場、サッカーを問題に取り入れたりしています。先生方も苦労されたと思います。貢献活動というのは見返りや効果を期待したら駄目、やはり真摯に「貢献」という事を念頭におかないと、選手やスタッフにもそう言う意識が浸透しています。例えば、選手会では多摩川の清掃活動をやっている、選手達が行くのですが、これなんかは全くのボランティアです。
矢野: J1に昇格してからは、私達の地元、武蔵小杉や新丸子の街も賑やかになりました。
武田:活力のある街は賑わっていないと駄目ですね。そういう意味からすると等々力競技場に沢山の皆様に集まって頂く、等々力が賑わえば周辺の街も賑わう。今では駅前は試合のある日はサックスブルーのユニフォームで埋め尽くされますが、数年前まではそうではなかった、皆競技場で着替えをしていました。J1に昇格、強く誇りの持てるチームが賑わいを呼び、更に街に活力をもたらすという循環が生まれています。
矢野:さて、今期の展望ですが「今年こそタイトルを!」というのは市民、サポーターの願いです。
武田:先シーズンはリーグ5位、ナビスコ3位という成績、春先よりの主力選手のケガや猛暑時の過密スケジュールがありましたが、サポーターの皆さんにとっても、勿論チームにとっても満足のいく成績ではありませんでした。今シーズンは監督にJFL町田ゼルビアで監督をやられていた相馬君<相馬直樹:フランスワールドカップ日本代表>を呼びました、現役引退前の2年間はフロンターレに席を置いていました。今期は9人の補強をしました。監督も含めチームとしての若返りも出来ましたので心機一転、また今年はACLには出ませんので、あくまでリーグ戦に重きを置き、タイトルを狙っていきたいと考えています。
矢野:武田社長就任10年目と伺いました。今季こそは悲願、タイトル獲得が市民の願いです。宜しくお願いいたします。<敬称略>
takeda2.jpg
武田社長とインタビュアーの矢野達郎<社会福祉法人ばなな会理事長/㈱アイ・ディ・エス常務取締役>「今年こそは何が何でもタイトルを、これが市民の願い」<矢野>「市民・サポーターの皆さんの応援がチームに力を与えます。応援も宜しくお願いいたします」<武田社長>